ピンホールカメラ〜ライトハンター〜                

Jun.29,2023 22:03
下に見える古道具がピンホールカメラです
上記のカメラで撮影した作品
Serie “Women’s Frendship”
Part 1 “Three in one bucket” 
Mastasa
Kyiv, Ukraine
2020


光を飼い慣らすワークショップ

ウクライナからやってきたアロナさんと一緒に、参加者各自が作るピンホールカメラでの撮影ワークショップを行います。
なんと、カメラには空き缶や紙箱、廃材となった道具類を使います。これまでアロナさんは思いもかけない素材を使ってピンホールカメラを作り、ユニークな作品作りを行なって来ました。ウクライナにはピンホールカメラ協会も存在します。みんなでランチを一緒に食べた後、アロナさんのレクチャーをへて、ワークショップ(カメラ作り・撮影・現像)、振り返り、そしてみんなで夕食という,特別な夏の1日を過ごしてみませんか?

日時:8月5日(土曜日) 
   12:00〜18:00
場所:IDEA R LAB  倉敷市玉島中央町
   3−4−5(駐車場有)
定員:10名 中学生以上
料金:3000円
(食事代は別途カンパ制です)
講師:アロナ・チジェンコ
お申し込み方法:mail@idea-r-lab.jp 宛
①参加者全員のお名前 ②ご住所 ③mailアドレス ④緊急連絡先としての携帯電話番号をお送りください。

Portrait
Mastasa
Kyiv, Ukraine
2020

アロナ・チジェンコ Alona Chyzhenko
2022年9月5日より総社市役所文化コーディネーター。元ウクライナのキーウにある現代美術センター M17 contemporary art centerのプロジェクトマネージャー。2019年4〜5月マウリポリのGOGOLFESTにおいてアーティストのコーディネートなど行う。