共有:

"/>

IDEA R LAB 圧倒的な量の器やモノと格闘中

Aug.12,2012 00:56

多くの仲間の助けを借りて、改修工事に向けてリユースもの、差し上げもの、保存ものなどの選別と、掃除に格闘中。ありがとう!門松、幹子さん、アムちゃん、ゆきちゃん、リノちゃん、成蔵さん、秋山君、あかり子ちゃん、トミー、高杉さん、佐藤さん、瀬川さん、平野のおばちゃん、西村さん!!皆さんのサポートがなければ心折れてました。江戸時代の蔵の中に詰まっていたモノものは、白日の下にさらされ、それぞれ活躍の場を見つけました。民家園、アーティスト・イン・レジデンス、それぞれの家庭、アトリエなど。みんなに使ってもらえるモノは幸せです。
記憶をつないでいくこととは、どういうことか、このしんどい作業のおかげで、少しわかった様な気がします。曽祖父以前の人々の名前、曽祖父の日記、祖父の帳簿やノート、父や叔母の学校の教科書に作品。それぞれの物語があったことがリアルに浮かび上がってきて、現代の生活とは何なのか?を考えさせられました。蔵や押入れは、まるでタイムカプセルでした。